サプリメント

食事に配慮しなければならない痛風|症状を抑える為の工夫術

最新記事一覧

尿酸値を抑えるためには

ジョギング

痛風の発症には尿酸値が上昇することが原因になります。食生活を見直して痛風の予防をすることが大切です。プリン体を多く含む食べ物や、アルコールの摂取はできるだけ控えましょう。また、水分はできるだけ摂取するようにしましょう、尿の量が増えることで尿酸の排出を促進させるためです。

詳しくはこちら

風が吹いただけでも痛い

ご飯

尿酸が結晶化して痛む

痛風は発症すると、足の親指の付け根などに激痛を覚え、ひどいときは歩くことも困難になってしまう病気です。昔は中高年の男性に多い病気でしたが、今は30代からの発症率も多くなっています。痛風は「風が吹いただけでも痛む」ことから名づけられたとも言われており、発作を起こすと患部は腫れあがり、耐え難い痛みが襲ってきます。また一度発症すると再び発症しやすくなるので、放置せずに治療や改善策をとる必要があります。痛風を改善するには「尿酸」と「プリン体」に気を付ける必要があります。元々人間の体の中にもあり、食物にも含まれるプリン体を肝臓で処理すると尿酸になります。痛風発作は増えすぎて血中に溶けきれなくなった尿酸が結晶化し、関節などに留まることでおこります。

血中の尿酸値を抑える

痛風の予防や改善には食事が大きく関係してきます。プリン体を多く含むレバーや魚卵、エビなどの食物を控えた食生活を心がけましょう。またアルコールの摂取も尿酸を増加させるはたらきがあるので飲みすぎには注意が必要です。また痛風患者の約6割が肥満であるというデータもあります。肉中心の食事はプリン体を多く摂取してしまいますし、尿酸が溶けにくい酸性度の高い血液を作ってしまいます。コンビニ食や加工食品などの食事も血液を酸性にしやすいうえ、消化酵素もほとんど含まれていないので肥満になりやすい食事といえます。プリン体を多く含む食事を控えると共に、肥満にならないような食事や生活習慣に転換することも必要です。肥満には食生活の改善と併せて、日常的に適度な運動をすると効果的ですが、激しすぎる運動は尿酸値を上げる原因となります。ウォーキングやジョギングなど、軽めの有酸素運動が有効です。

尿酸値を下げるためには

和食

痛風は、尿酸が増えることで血液内で結晶化し、白血球の攻撃を受けることで痛みが出ます。尿酸値を下げることが痛風の予防になるので、食べすぎなどに注意して、適度な運動や栄養バランスのとれた食事をするといいでしょう。水分などもしっかりと摂ることも大切です。

詳しくはこちら

発症を防ぐための工夫

家族

痛風は、体内の尿酸が増えて結晶化することで発症する病気です。完治しにくいため予防することが大事なのですが、そのためには日々の食事におけるプリン体の摂取量を減らす必要があります。また、利尿作用のある飲み物を飲んで尿を多く出したり、尿をアルカリ性にしたりすることで、尿酸は排出されやすくなります。

詳しくはこちら